理念・規約

理念

img_concept

スポーツをやる人・見る人・応援する人・・・・

クラブにかかわる地域の人全てにスポーツを楽しんでもらいたい。

地域社会の明るい発展と活性化のためにスポーツの普及・発展に貢献し、

地域スポーツ文化を地域住民の手で創造することを目指します。

子ども達には心身の健全な育成と、明るく積極的に楽しんで生きる力を育成すること。

成人には負担の少ない、生涯スポーツを楽しめる環境をつくること。

高齢者には生きがいと健康増進に取り組める環境を整備すること。

地域の手による地域の為の総合スポーツクラブで、皆の夢と笑顔をつなげよう!

それが日本スポーツコネクトの運営する総合スポーツクラブ『AC北九州』の理念です。

規約

▼第1条 入会資格

AC北九州『以下、クラブという』に入会を希望する者は、クラブの主旨理解に加えて、次の要件を満たしていなければならない。

①原則として北九州市または近隣地域に在住または在勤する者であること。

②クラブが定める諸規定を全て理解し、遵守できる者であること。

▼第2条 入会の拒否など

クラブが前条の要件を満たさないと認める場合は入会を拒否、退会させることができる。

①心臓・肝臓の疾病など、生命活動に危険が及ぶ可能性が認められる方。

②てんかん体質者、痙攣性疾患者。

③伝染病患者及び感染する可能性のある疾患をお持ちの方。

④脳貧血を起こしやすい方。

⑤医師から運動を禁じられている、またはその可能性がある方。

⑥その他、クラブが不適当と認めた方。

▼第3条 会費

会費とは次のものを言い、料金などは別に定める。

①入会金

②年会費

③月会費

④特別教室やイベント受講の参加費

⑤施設利用料

⑥登録料

▼第4条 会費の納入

会員は前条の会費を前納制にて支払う義務を要する。(前月26日まで) 

▼第5条 会費の返還資格

一度納入された会費は原則として返還はない。休会など定められた一部手続きを完了している場合はこの限りではない。 

▼第6条 会費の滞納

会員は申し出なく3ヵ月以上会費納入を怠った場合は、出席の有無やその他の事項に関わらず自動的に退会措置を適用する。

▼第7条 入会手続き

クラブに入会を希望する者は所定の手続きにて申込み、会費を支払うものとする。利用を開始する前月の事務局最終営業日までに入会手続きを完了する。

また、入会後に申請している事項(住所・電話番号・メールアドレスなど)に変更が生じた場合、速やかに届け出るものとする。

▼第8条 契約の更新及び停止

クラブとの契約は入会手続完了後から退会届が受理されるまで自動更新とする。

全ての手続きは入会者本人が管理し、定められた必要のある申請を全て会員が行うものとする。手続きの不備・未完了などに伴う、契約未承認やその他のトラブルにおいてはクラブは一切の責任を負わない。

▼第9条 事故の責任

会員はクラブの活動に際して、クラブの規定並びに施設の管理者及び指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。これに反し、盗難・傷害・破損などの事故が起こった場合、クラブ及び施設管理者や指導者並びにイベント関係者などに損害賠償を請求しないものとする。また、会員は活動中に起こった全てのトラブルは、必ず速やかにクラブへ報告する義務を有する。事故やトラブルの対象が未成年の場合は、『処罰』ではなく教育的配慮を持って、出来うる限りクラブが対応する。その際の措置はクラブへ一任するものとする。ただし、度重なる場合や故意、改善の意思を持たないと事務局が判断する場合は強制退会の措置をとれるものとする。

▼第10条 保険の対象範囲

会員は活動開始と同時にクラブが指定する保険に自動的に加入するものとする。

活動中の傷害などについてはクラブが指定した保険の対象範囲内でのみ対応する事とし、会員はそれ以上の保証を請求しない事に同意する。また、クラブが指定する保険の補償内容満額を保証するものではない。

▼第11条 施設と設備

施設及び設備、それに付随する道具は大切に使用すること。

破損や紛失等の場合、故意や著しい不注意などがあった場合、使用または管理当事者へ実費請求できるものとし、当事者はそれに応じた実費を支払うものとする。

▼第12条 指定教材(ユニフォームウェアなど)

会員は別に定める指定のクラブウェアを購入し、活動の際はこれを着用すること。

▼第13条 休館日

クラブは定期休業及び様々な事情により休業することがある。その場合、会費の割引や一部返金などは行わない。

▼第14条 臨時休業

クラブは台風・豪雨・地震をはじめとする天災、またはその他の不可避の事情により臨時的に休館となる場合がある。その場合、一部や全額に関らず会費の返金は行わない。

▼第15条 閉館

クラブは経営上の理由、またはその他のやむを得ない事情により閉館する場合がある。その場合は事前に全会員に通知し、引継ぎや受け入れ先に関しては最善を尽くすものとする。

▼第16条 除名

本規約に違反する時、また会員としてふさわしくないとクラブが判断する場合は、クラブは除名処分の措置をとれるものとする。

▼第17条 個人情報の取り扱い

会員はクラブに必要な情報を提供する義務を有する。

活動中に撮影された写真・動画などの著作権はクラブに帰属しいかなる理由があっても無断で使用・複製することを禁ずる。クラブは写真や動画などをインターネット・広告・情報誌・その他の必要な媒体に使用する事があり、会員はこれを了承する。また、預かった個人情報はクラブが厳重に保管し、クラブの運営に関わる事項以外で使用する事は一切ないものとする。

▼第18条 規約の改正と施行

クラブ及び一般社団法人日本スポーツコネクト理事会が必要と認めた場合、規約を改正することがあり、改正後も全会員を対象とする規約となる。

ただし、変更及び修正箇所は、ホームページ・電子メールによる配信を通じて行うものとする。万一、その際にインターネットや電子メールの環境不備などで告知が未完了の場合は会員個人の責とし、クラブは一切の責任を負わないものとする。

この規約は2014年4月1日より施行する。

無断転写やコピーを禁じます。

お問い合わせはこちらから